パチンコ依存症の治療法

パチンコ依存症の治療法を徹底解説。家族や育児、借金の問題から脱却するための方法、体験談、業界事情などを紹介しています。

  

1分でわかるパチンコ依存症

幼児の車内放置、借金苦で自己破産、依存による生活の悪化など、パチンコによる社会問題が深刻化しています。パチンコ依存症の正式な病名は「病的賭博」です。遊戯と定められていて、グレーゾーンで換金も認められていますが、結局はギャンブルに過ぎません。

パチンコ依存症とはギャンブルをやめることができないだけでなく、ギャンブルがないと精神的に負荷がかかる病気であることを受け入れましょう。

パチンコをやる前にはストレスがかかっています。勝つと発散されますが、今度は「次も勝ちたい」という欲望が「パチンコをしないといけない」というストレスになっています。さらに負けるとより強いストレスに変わります。

パチンコが原因になっているストレスは、パチンコ以外でも発散できます。パチンコだけがストレス発散の場所という思い込みは改善したいです。

私たちは「仕事をしているとき、買い物をしているとき、電車に乗っているとき」に急にパチンコに行きたくなったりします。そのときに「今日はパチンコするのはやめよう」と思いとどまり、パチンコをしない方は少ないです。

思いついた瞬間から、どうにもならない衝動が胸をよぎり、頭の中には映像が浮かび、音楽までが流れるときがあります。あなたはどこかのパチンコ店に寄ることになるでしょう。

やめようと思ってもやってしまうのがパチンコなのです。「絶対にやめることができない…」と落ち込んだときはないでしょうか。

それでも大丈夫です。学生のときに始め、社会人になっても続けた人もやめることができました。先ほどの妄想的な症状も現れるような、軽度ですがパチンコ依存症でも必ず回復します。

パチンコ依存症を理解して、無理をせずに少しずつ改善していくことで、自分の感情をコントロールできるようになりました。今ではパチンコを全くやりません。1度だけ、付き合いで恐る恐るやってみても、リバウンドすることはなかったです。

現時点であなたの依存症が「治る」と断言することは難しいですが、あなたがパチンコをやめたくて、やめる方法を探している時点で、回復できる可能性が高いです。


次の記事     誰でもできるから大丈夫
前の記事     お問い合わせ