パチンコ依存症の治療法

パチンコ依存症の治療法を徹底解説。家族や育児、借金の問題から脱却するための方法、体験談、業界事情などを紹介しています。

  

運動と勉強と趣味が役立つ

パチンコばかりやっている方のほとんどが、反比例するように運動をやっていません。そこで思い切って、汗を流してみるのも楽しいです。充実した運動はストレスを発散させます。実は「運動療法」という治療法があるくらいです。

運動すること筋肉と脳の緊張をほぐし、体に溜まった老廃物を排出することで、ストレスも消え、パチンコをしたいと思う欲も軽減されることが照明されています。

いきなりハードな運動ではなく、近所の公園など自然があるところで軽いウォーキングでも効果があります。いつもはパチンコをしている時間に何か別のことに取り組むことにも意味があります。自分の肉体に鞭を打って、自身を見つめなおす良い機会にもしましょう。

また、趣味を見つけるのも効果的ですが、いきなり「趣味を見つけましょう」と言っても、なかなか熱中できるような事柄は見つからないかもしれません。

趣味は無理に見つけなくても良いです。趣味が見つからないときは資格の勉強をしても構いません。パチンコはお金を浪費しましたが、自己啓発なら逆に増えるかもしれません。

自己啓発を「嫌い」と思わないで、今までの自分を払拭する時間と考えるのも良いと思います。少しでもやってみたいなと思うことがあったら、失敗しても良いので挑戦することをおすすめします。思わぬ収穫があるかもしれません。

また、何も見つからない期間があるときは本を読みましょう。小説や文学でも構いませんし、ビジネス関連であれば一層効果が期待できます。誰に気兼ねするわけでもなく、自由に気が向くままに読書するのも楽しいものです。

あなたがどんな年齢でも遅いということはありません。本を読んでいくうちに何かを発見し、行動に移して、趣味になることも良くあります。

パチンコだけに明け暮れるパチンコ依存症から、いろんなことに挑戦するアクティブな自分に変化させましょう。


前の記事     射幸心を高めるゲーム性