パチンコ依存症の治療法

パチンコ依存症の治療法を徹底解説。家族や育児、借金の問題から脱却するための方法、体験談、業界事情などを紹介しています。

  

パチンコがしやすい環境

10:00~23:00で年中無休の営業をしているのがパチンコ店です。大晦日なら24時間という特例もあり、地域によっては朝8:00からオープンしている店もあります。

最近は規制が強化されましたが、競馬とは違って「時間に制限がないこと」もパチンコに依存しやすい原因です。

パチンコをしている大学生が多いのは、講義の組み方が自由であり、空き時間があることが多いからです。主婦の場合も夫を送って一息つけるときに時間帯に、パチンコ店がオープンします。

会社員も仕事が終わってもパチンコ店は開いています。変則勤めや営業回りで、普段とは違う空き時間でも開いています。

さらに「パチンコ店は日本に約20,000店ある」と言われており、繁盛している駅前には必ず出店しています。郊外でも車ならば、10分もかからずにどこかのパチンコ店にたどり着くことができます。

いつでもどこでもできる利便性が、パチンコをより身近なギャンブルにしてしまっています。


次の記事     短時間でお金が増える
前の記事     自己都合で問題が片付く